TOP > 小林農園さん/玉ねぎ

9月12日

Sep. 12, 2014

三島の小林農園さんにて「早採れ玉ねぎ」の苗を見せていただきました。三島の栄養たっぷりな土地。そこから真っ直ぐに立ち、根を張る玉ねぎの苗たち。太陽がさんさんと降り注ぐ環境下で、気持ち良くすくすくと育っていました。玉ねぎの苗はちょうどこの時期から植え、秋からの寒い時期を経て5~6月頃収穫となります。長い間、地中からたくさん栄養を取り込んだ玉ねぎの甘みは最高なはず!収穫のときが楽しみです♪

苗は植えたばかり。収穫の時期まで大事に育てます♪

早採れ玉ねぎは通常の収穫時期に比べて早いので時期に収穫される事から、市場から重宝されています♪

玉ねぎ

日本には明治時代に導入され、今や完全に土着し、日本はアメリカに告ぐ世界第2の玉ねぎ生産国となっています。玉ねぎは野菜の中で最も糖質が多く、果糖、ブドウ糖、ショ糖がほぼ同量ずつ含まれ、エネルギー源として消費されます。カリウム、亜鉛、リン、ビタミンB1、B2、Cなどを含み刺激成分である硫化アリルは動脈硬化の原因となる血栓やコレステロールの代謝を促進し、血栓ができにくくし、高血圧、糖尿病、動脈硬化、脳血栓、脳梗塞などの予防に効果があります。

小林農園

ハウスではミニトマトの生産をメインに、旬の野菜と新たな野菜の栽培をしている小林農園さん。将来の夢がトマトの色である、赤いランボルギーニに乗ること。目標に向かって前進し続けています。

トップページへ戻る

たべものがかり

企画・運営本部:株式会社ハイスペック ©2013 HIGHSPEC Inc.

本コンテンツに掲載されたすべての情報・画像等の無断使用・転載を禁止しております

http://tabemonogakari.com