TOP > 酪農王国オラッチェ

8月28日

Aug. 28, 2015

本日は函南町丹那にある「酪農王国オラッチェ」さんに先日「ASIA BEER CUP2015」に入賞された同施設で醸造された「風の谷のビール」の取材に伺いました。

 

本日も沢山のお客様で賑わっている中、お忙しい時間を割いていただいた同施設西村部長にお話しをお伺いしました。

 

今回受賞された「風の谷のビール」は同施設内ビール工房にて醸造されており日本で初めてオーガニック認証されたビールです。

地元で栽培された有機栽培大麦と、同敷地内にある深度300mの深井戸からくみ上げた富士箱根山系天然水で醸造されたこだわりのビールです。

ビール工房のマイスターは本場ビール王国で修業されたそうで、次から次へと出てくる垂涎ワードにビール好きのワタクシとしては帰る前に購入を決意していたのでした♪

風の谷の表現がピッタリな同施設からの丹那盆地を望む眺め。

「風の谷のビール」は「酪農王国オラッチェ」さんでも購入可能ですが、なんと!あのジブリ美術館でも購入は可能だそうです

※販売ラベルは違うそうなので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

 

六次産業化も積極的に取り組まれていて、お土産コーナーにはオリジナル商品で大変賑わっておりました。どれも魅力的な商品ばかり。

※販売されているオリジナル商品の一部です。他にも売り場には多数商品が並んでおります。

 

 

常に大事に考えられている食育に関し意見交換をさせて頂き、これからたべものがかかりとも色々なコラボをさせていただけそうです。どんな事をご一緒するかは、そう遠くないうちに皆様にもご報告させていただけそうです♪

※写真は同施設内にて飼育されている乳牛の子牛。他にも数頭飼育されており乳搾り等、色々な体験をする事ができます。

 

 

お土産に頂戴した「風の谷のビール」をさっそくいただきました。味、香り共に濃厚でコクがあり、程良い苦味。普段よく飲んでいるビールとは全く違う味わいに驚きでした!ワインや日本酒の様に、ビール本来の味や風味を楽しみながら、ゆっくりと美味しくいただきました♪

 

※炭酸があまりきつく感じずクリーミーなのは、炭酸ガスを注入せず、麦汁が発酵した際に発生する炭酸ガスのみを使用しているからだそうです。

グラスに注いでいる際、気づいたことが「にごり」があること。無濾過で加熱処理も行わず生きたビール酵母をそのままビンに詰めているからだそうです!苦味や甘味、そしてコクの「生きた味」を味わうことが出来ました♪

 

是非皆さまにも(特にビール好きの方には)お薦めできるビールですので是非ご賞味ください^^

 

 

最後になりますがお忙しい中のご対応いただき、お土産に「風の谷のビール」までくださった西村部長様、誠にありがとうございました。

酪農王国オラッチェ

酪農王国オラッチェ

函南町丹那にある「酪農王国オラッチェ」は人と牛が共生する土づくりを大切にする循環系有機農業にこだわり、安全性や鮮度を大切に「生命ある」食べ物つくりを目指した観光牧場さんです。

 

 

 

 

風の谷のビール

南箱根、丹那の恵まれた自然の中で造られたオーガニッククラフトビール。原材料は麦とホップと天然水から造られて副原料は一切使用しておらず、国内で初めて有機認証を受けたビールだそうです。

写真は左からピルスナー、伊豆エール、ヴァイツェン。

 

 

トップページへ戻る

たべものがかり

企画・運営本部:株式会社ハイスペック ©2013 HIGHSPEC Inc.

本コンテンツに掲載されたすべての情報・画像等の無断使用・転載を禁止しております

http://tabemonogakari.com